カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「PK」伊坂幸太郎

 
2013/02/19(Tue) Category : ファンタジー・SF
「PK」伊坂幸太郎(講談社)
「うまく言えないけど、そういう連なりが世界を動かしていくのかもしれないよ。小さな変化の積み重ねが、まったく予想しない、世界の変化に繋がるの。そして、いろんな人がいろんな場面で、なにか命令を受けていたりして」
(略) 「人間が、ある時、何かを試されたとしても、それは、あなたがくよくよ考えてもどうにもならない大きな力の作用にすぎないの。そう思ったら楽じゃない。並んだドミノの一つが抵抗しても、倒れる時は倒れるし」
「じゃあ、私はどうすればいいんだ。大きな力が、私たちを動かしているのだとしたら、私の意志や決断に意味があるのか」
「簡単だよ。決断に、大きな影響がないのだったら」
「だったら?」
「子供たちに自慢できるほうを選べばいいんだから」
「PK」「超人」「密使」の3つの中編集、なのかな。
それぞれリンクしたお話です。

ドミノ倒しみたいに、ちょっとしたきっかけが次の動きに繋がり、
やがて世界が大きく動く……その動きと、きっかけの話、なのかな?
何か特殊な能力を持った人の話……でも、ありますね。
それから、何か大きな動きと、勇気をもって決断する人の話です。
読んでるうちに、ここでこう繋がってるんだ、こういう理由なんだ、
って、分かってくるのが面白いですね。
(多分時系列とか分かってない部分もあるのかもしれないですが)
最後はヒーローが登場して、颯爽と解決していきましたが。
よく分からないなりに、爽快感のあるお話だと思いました。
「彼は、主義を貫くんだ」とか「臆病は伝染する」「勇気も伝染する」
「勇気の量を試される」とか、印象深い言葉も多かったです。

読みながら思ったんですけど、中編なんですけど、文章の感じが
星新一のショートショートを彷彿とさせますね。
なんでだろ、固有名詞より「大臣」とか「作家」とか「秘書」とか、
登場人物が属性で表されてる人たちが出てくるせいかな。
小説の名前なんて、どうせ記号なんですけどね。。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「ニューヨークの魔法使い」シャンナ・スウェンドスン

 
2010/11/21(Sun) Category : ファンタジー・SF

ニューヨークが変わった街だということは常々聞いていたけれど、どれほど変わっているかということは、実際に来てみるまでわからなかった。テキサスを出る前、家族は大都会の恐ろしい逸話をあれこれ並べ立てて、なんとかわたしを引きとめようとした。すでにニューヨークで暮しはじめていた大学時代の友達も、自分達が目撃した普通じゃない出来事についていろいろと教えてくれた。地元のニューヨーカーはどんなに突拍子もないものを目の当たりにしてもまばたきひとつしないらしい。たとえ宇宙人がブロードウェイを歩いていたってだれも振り返らないだろうと、彼女たちは得意げに言ったものだ。わたしは、彼女たちが大げさに話をしているだけだと思っていた。

―――― 「ニューヨークの魔法使い」冒頭の文章より。



来月にやっと待望の新刊が出る!
ということで、感想とか書いてなかったことを思い出して
1冊目を引っ張り出してきました。 「魔法版ブリジット・ジョーンズの日記」と紹介されてるけど、
私は読んでない(映画も見てない)からよく分からない……
この「(株)魔法製作所シリーズ」、ハリーポッターの大人版
(学校じゃなくて会社)って感じでしょうか。

(以下は続きに)

★ニューヨークの魔法使い★
(株)魔法製作所
創元推理文庫
シャンナ・スウェンドソン/今泉敦子

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「もいちどあなたにあいたいな」新井素子

 
2010/08/12(Thu) Category : ファンタジー・SF

もいちどあなたにあいたいな

もいちどあなたにあいたいな

価格:1,575円(税込、送料別)


正直、途中まで、
「おしまいの日」みたいな展開になるんじゃないかと
ドキドキしながら読んでたんですけど、
怖い話じゃなくてよかったです。
そして、探偵役のオタクがなにげにイケメンですね。

ええと。
主人公(だよね?)澪湖のおばさんである、
「やまとばちゃん」は、
やっと授かった子どもを亡くしたばかり。
今まで、これでもかという位に不幸の連続の人生だった、
らしい和おばさん。
大変な事が起こったんだし、いつも通りの訳はないけど、
だけど何かおかしい、どう考えても別人、
でもやっぱり、「やまとばちゃん」には違いなくて。

それで、高校時代の同級生のオタク、
木塚君に連絡を取って相談するのですが……
みたいな話です。

澪湖、そして、その両親の、大介、陽湖の3人の視点で話が進みます。

えー、以下ネタバレなので下げます。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新井素子「ちいさなおはなし」

 
2010/08/10(Tue) Category : ファンタジー・SF
ちいさなおはなし

ちいさなおはなし

新井素子
集英社


新井素子「ちいさなおはなし」読了。
「もいちどあなたに~」もそうですが、
ひらがなタイトルですね。
今回はひらがなで童話調な語り口のお話。
ちょっとダークな感じのもありますが、
基本的に優しいお話が多かったです。
ショートショートなのに、「オチは?」
って思った話もありますが……
…読解力不足かしら。

にしても、久しぶりに新井素子読むと、
やっぱり文体に影響 受けそう。
恐るべし感染力。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「キング・コング」田中芳樹

 
2006/06/20(Tue) Category : ファンタジー・SF

「今さら、髑髏島が危険だといわれてもね。ニューヨークは近代的で文明的かもしれないけれど、わたしの父はその中枢部で身体をバラバラにされたんだもの」

「キング・コング」、以前から気になってはいたものの、
結局映画館に見に行ってないし、
以前の作品も知らなかったりします(汗)
図書館のHPで「田中芳樹」を検索したら引っかかったので、
文庫で出てたようなので購入してみました。

映画のほうは、イマイチ、な評判もあるみたいなんですけど
(でもCM見てる限りでは特撮とか凄そうなんですけど)
小説版は割と面白かったかな。
時代背景の蘊蓄とかが、いかにも「田中芳樹」な感じでしたが
興味深かったです。
ヒロインがすごく気が強くて、最後のシーンも良いです。

映画のノベライズ版、て感じかと思ったんですが、
最後のインタビュー見てると、映画も脚本も知らないままで
書き始めたということで、かなり独自の設定もあったりする
みたいです。
小説と映画がどう違うのか、みてみても面白いかも。

4087804305キング・コング
Philippa Boyens
Merian C. Cooper
Fran Walsh
田中芳樹

集英社 2005-12
by G-Tools

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。