カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「魔法にかけられて」』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「魔法にかけられて」

 
2008/07/24(Thu) Category : 映画・TV番組等

DVD購入しました。
予告見て気になってたんですけど、近くの映画館では吹き替えしかやってなくて
仕方無くDVD待ちだったんですよね。
ヘアスプレー以来、ちょっとマースデンが好きですv

B0019BE320魔法にかけられて
2-Disc・スペシャル・エディション

エイミー・アダムス, パトリック・デンプシー, ジェームズ・マースデン, ティモシー・スポール, ケヴィン・リマ
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2008-07-18

by G-Tools

セルフパロディ、がふんだんにもりこまれていて、
ディズニーとか、おとぎ話のの「お約束」で生きているアニメ世界のプリンセスが
現実世界にやってくるギャップとか、笑えるんだけど
(でも、お掃除シーンはちょっとギャァァァァってなりました;)
最初だけじゃなくて最後はちゃんとディズニー、ていうか、おとぎ話らしい
シメで大団円、ハッピーエンドってのも良いです。
夢のある作品ですね、流石ディズニーです。

今までのディズニー作品のオマージュがふんだんに盛り込まれてる、
らしいのですが、シンデレラと白雪姫、眠りの森の美女あたりが
ベースになってるみたいなのはすぐ判りますが、あとは……?
ブルーレイだけの映像特典もあるらしいのですが、プレイヤーないので
DVDで我慢です。
でも本当、面白かったですよー!

↓以下、ネタバレの話とかニコニコ・youtube注意。
 (一回、動画ブログに貼り付けるってやってみたかったんですよ;)

 

予告動画。

iframe>

ディズニーなのでミュージカルなんですけど、舞台は現代なので(笑)
アニメ世界の常識で生きてるプリンセスがちょっとアホな子みたいなんですが
(弁護士が最初おもいっきり引いてたりとか。あと服には笑った~)
だんだん、プリンセスの力で強引に回りを巻き込んでいくところとか、
(最初どんびきだった弁護士が気付いたらペースに巻き込まれてたり)
夢とかお約束を否定するのかと思いきや、現実をおとぎ話のほうに持っていく
そんな感じが、やっぱファンタジーでよかったですv

特殊効果とかも、魔女は本当にアニメそのままなので凄かった。
ジゼルの衣装は18kgとかDVDで言ってたような。すごすぎる。
王子のマースデンはカッコイイのに、相変わらず胡散臭い二枚目で
でも、そこがいいです!

弁護士は最初「歌わない」「踊れない」って感じだったんですけど
舞踏会に参加してみたり、王子みたくおおっぴらに歌ったりしませんが
BGMをくちずさむ感じで一緒に歌ってたりしてますねぇ。
そして、「真実の愛のキス」を提案するところとか、染まってるー!!
って感じで、すっかり影響受けてておかしかったです。

でも確かに、おとぎ話ではお約束の、出遇った瞬間に恋に落ちて結婚、
ってのは現実世界で聞くと頭おかしいとか思われても仕方ない……
「普通はデートしてお互いを知るんだよ」とか言われて、
王子と「おのぼりさん」なデートするジゼルが面白かった。
5年も交際しててプロポーズに踏み切れないバツ1の弁護士とは対照的だ。
なのに、相手は結構ロマンチックなのが好きだったりするんですね。
ジゼルも、せっかく王子が迎えに来たのに歌えなくなってたり、
「no」っていう弁護士の口癖がうつっちゃってたり、お互いに影響受けてる感じの
描写とかも良かったです。
2カップルとも幸せになれて、おとぎ話的なハッピーエンドでした。

あと、最初はお姫様が王子様に助けられるシーンが出てくるんですけど
最後はヒロインがヒーローを助けるんですね(笑)
台詞も、二人の出会いのシーンの台詞をほとんどそのまま逆に言わせたり
立場が何気に逆転してるのも面白かったです。

昨日から、頭の中をずーっと「so close」が流れてます。
youtubeのほうが映像いいんですが、日本語字幕の関係でw

 ちなみに歌詞の日本語との対訳はこっち

ついでなので、劇中のミュージカルシーンと主題歌のPVも貼ってみたり。
ニコニコ動画なのは字幕の(ry
ええと、気が向いたらぜひ!
レンタルでもいいので見てみてください。
笑いあり感動あり、ハッピーエンドご都合主義万歳!
面白かったです。おすすめ。

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。