カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「KOH」廉価版のススメ。』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「KOH」廉価版のススメ。

 
2006/05/21(Sun) Category : 映画・TV番組等

「 どんなに力あるものに命令されても、それが王だとしても、魂はそなたのものだ。
 神のみ前では、『誰かに命令されたからやりました』とは言えない。
 『時代のせいで正しい行いができませんでした』という言い訳は通用しない。
 覚えておけ」
 ―― ボードワン4世の台詞より。

 アメリカではDC版が出たようですが、日本はいつだろう……
 去年からずっと楽しみにしてるんですけど。
 えと、廉価版が出てたので、改めてお勧めしてみたり。
 (2枚組は\2990、1枚のは\1990みたいです)
 2枚のは歴史解説が付いてるので良いですよーv

 まぁ、そういうわけで改めて色々書いてみようと思いますー。

 えと、物語の舞台は1184年。
 エルサレムを十字軍が占拠してから100年くらい後の話。
 私は歴史は詳しくないので知らなかったんですが、
 史実のバリアン(主人公)は、エルサレム無血開城で有名な
 方のようですね……
 映画では、フランスの田舎にいる鍛冶屋、って設定ですが
 実際には貴族で、もっと年上だったみたいです。
 (実際の歴史解説は、2枚組の特典にあります)
 何も知らない所から出発して、彼に回りの人が説明する事で
 観客へ説明する、という進め方のための設定なのか。

 サラディンは、リチャード獅子心王との関係で有名らしい
 ですが、映画はその前のボードワン4世との、つかの間の
 和平の頃の時代が中心となっております。
 リチャード獅子心王は、最後にちらっと出てきます。
 あれが第三次の十字軍らしい。

B000EQIPVG キングダム・オブ・ヘブン (2枚組 プレミアム)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-04-28
売り上げランキング :
by G-Tools

■あらすじ、みたいなもの。

  女性の埋葬シーンからはじまります。
 バリアンの奥さんで、話によると赤ちゃんが死んでしまって
 悲しみのあまり自らの命を絶ってしまった、らしい。
 そういう訳で、妻子をいっぺんに失って人生に絶望気味な
 主人公の所に突然「父だ」と名乗る人物がやってきます。
 父はエルサレムに領土を持つ貴族(十字軍の騎士)で、
 エルサレムへ一緒に来ないか、と誘います。
 拒絶したバリアンですが、冒頭に出てきた司祭に
 お前の居場所は此所にはないから行ったらどうだ、とか
 奥さんが首のない体で地獄で永遠に苦しむんだ、
 とか色々と酷いことを言われ、奥さんが首にかけてた
 十字架を司祭が(死体から奪って)首にかけているのを見て
 キレてしまい、司祭を殺して十字架を取り返します。
 「すべての罪が許されるのはエルサレムだけ」
 妻と自分の罪の許しを求めてエルサレムに行く事に。

 ところが、司祭殺しの罪人という事で追っ手がかかり、
 バリアンの引渡しを拒んで戦った父親は重傷を負ってしまい
 主人公を騎士に任命し、後を頼んで死んでしまいます。
 その後もエルサレムに向かう船が沈没したりして、
 災難続きながらもなんとかエルサレムに到着します。

 エルサレムは、エルサレム王ボードワン4世と、
 イスラムの指導者サラディンが和平を結んでます。
 キリスト教、イスラム、ユダヤ人に解放された聖地、
 宗教、人種が違う人たちが共存できる理想郷……
 「キングダム・オブ・ヘブン」を目指しています。
 でも、ボードワン4世は病気で先が長くなく、
 王の妹シビラ夫、つまり次の王になる予定のギーは
 戦争をしようとイスラムに度々ちょっかいを出している、
 という状態。

 で、色々あってボードワンはバリアンに
 「シビラと結婚して王位を継いで欲しい」と言いますが
 (そしてギーは始末するとか言われますが)
 バリアンは断ります。
  その後、王様は亡くなり、王になったギーはさっそく
 サラディンに戦争を仕掛けます。
 でも、バリアンの忠告を無視して水場を確保せずに
 無謀な戦いを仕掛け、あっさりと敗北。
 (しかもエルサレムの守りの騎士を残していかなかった)
 イスラムの軍勢は聖地エルサレムを取り戻すべく
 そのままエルサレムに向かってきます。
 騎士がいなくなってしまったエルサレムで、バリアンは
 民衆を守るべく残って戦うことになります……
 みたいな、展開です。
 

■感想、みたいなもの。

 主人公のバリアンは、何も知らない状態で放り出されて、
 なのに着いたエルサレムは結構大変な状態で。
 政治的にも難しい状態なのに、理想だけで突っ走る
 彼の行動には賛否両論あるんでしょうが、ただ教わった
 「基本」(「理想」つーか、タテマエですか?)
 をしっかり貫いて頑張っていく姿は良いですねぇ。
 どっかの感想では「張飛と関羽のいない劉備のよう」
 とも書かれてましたけど;

 バリアンの父親(育ての)が書いたらしい、
 「世界を良くしない人間は人間ではない」
 (字幕版では「よき世を創るのが人の務め」でした)
 ていうのを、彼が頑張ってるのが好感持てます。
 あらすじには書いてませんが、井戸掘りのシーンなんかも
 けっこう好きだったり。

 今の世界情勢を考えると、しみじみ重いお話ですねぇ。
 最後の
 「それから千年―― 『天の王国』の平和はまだ遠い」
 って字幕が出て、映画は終わりだけどまだ終わってない、
 そんな事実を突きつけられたりもして。
 あと、深い台詞、カッコイイ台詞も多いです。
 騎士叙任の時の騎士の心得、冒頭に書いた王様の台詞、
 それから、エルサレム攻城戦のバリアンの演説とか、
 効果的に使われる「『here』and『here』」とか、
 サラディンの「Nothing Everything」
 ……沢山ありすぎ。 

 バリアンが、イスラム教徒の祈りの意味を聞いて
 「我々の祈りと同じだ」と言ったり、最後に彼がイスラム語で、
 イスラム側の仲好くなった人と相手の言葉でお互いに
 挨拶したりとか、サラディンの十字架に対する態度とか、
 お互いを尊重する姿勢も考えさせられたりしたし。

 宗教もテーマに深くかかわってますし、あまり日本人には
 深く実感できなかったりもしますが(私が無知なだけ?)
 なんか、それも考えるきっかけになったりとか。

 バリアンは奥さんが死んでしまっただけでも悲しいのに、
 キリスト教的には自殺は大罪なので、墓地にも埋葬されず
 道端に埋められて、家族が立ち会うことも許されなくて。
 (なので冒頭は司祭とお墓を掘る人の2人だけしかいない)
 しかも、埋めるときに首を刎ねられたりして。
 沢山の困難に遭いながらも罪の許しを求めてたどり着いた
 エルサレムで、キリストが処刑された場所を聞いて、
 そこで神様に祈って一晩すごしても、神様からの言葉はなく。
 十字軍では「異教徒を殺しても殺人ではない、天国への
 道だ」と、司祭が信者に教えていたりして。
 素晴らしい王様であるボードワン4世も、若いのにらい病で
 もう先が長くない状態で(聖書の中では、神様からの罰で
 らい病になるという描写が度々あるみたい)。
 宗教の名のもとに人間がいかに愚かな事を行ったか、
 みたいな描写が沢山ありますねぇ。
 でもバリアンは宗教や信仰を否定するわけではなく、
 最後の方になって悟ったような言動をするのが凄いです。

 個人的には、バリアンの演説のときの台詞の
 「ムスリムから、ここを奪ったのは我々ではない。
 向かってくる敵の兵士たちも、ムスリムがこの地を失った時に
 生きていた訳ではない。
 我々は、先人の戦いを背負わされている」
 ……という台詞を、最近のお隣の国の報道を見るときに
 思い出したりします……

 ええと、映画は映像も綺麗だし、戦闘シーンも迫力あるし、
 一応ハッピーエンドだし。
 お約束的にご都合主義っぽいとこもあるので、
 きちんと娯楽作品としてもできてると思うし。
 見所も沢山ありますし、ホント楽しめると思います。

 サラディンも、王様もメチャメチャ格好いいです。
 ティベリウスは渋いし。
 戦闘シーンも迫力あるし、馬に乗った戦闘シーンとか、
 渋い武将が戦ってるとか、英雄の出てくる歴史・時代モノが
 好きな方なら、絶対面白いと思います!
 エルサレムの戦闘シーンの、投石器も凄い迫力だし。
 バリアンの、人手がない状態での戦略とかも凄いし。
 ああ、この技術で三国志を実写でっ(まだ言ってる私……)。

 でも最初のほうは詰め込みすぎで展開が速すぎる感じなので
 DC版がとても楽しみですが。
 人もバタバタ死にますしねぇ。
 作品の出来の割に評価が「……」って感じなので、改めて
 オススメで語ってみましたー。
 (映画公開時は恋愛モノみたいなCMやってたからな……)

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。