カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「もいちどあなたにあいたいな」新井素子』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「もいちどあなたにあいたいな」新井素子

 
2010/08/12(Thu) Category : ファンタジー・SF

もいちどあなたにあいたいな

もいちどあなたにあいたいな

価格:1,575円(税込、送料別)


正直、途中まで、
「おしまいの日」みたいな展開になるんじゃないかと
ドキドキしながら読んでたんですけど、
怖い話じゃなくてよかったです。
そして、探偵役のオタクがなにげにイケメンですね。

ええと。
主人公(だよね?)澪湖のおばさんである、
「やまとばちゃん」は、
やっと授かった子どもを亡くしたばかり。
今まで、これでもかという位に不幸の連続の人生だった、
らしい和おばさん。
大変な事が起こったんだし、いつも通りの訳はないけど、
だけど何かおかしい、どう考えても別人、
でもやっぱり、「やまとばちゃん」には違いなくて。

それで、高校時代の同級生のオタク、
木塚君に連絡を取って相談するのですが……
みたいな話です。

澪湖、そして、その両親の、大介、陽湖の3人の視点で話が進みます。

えー、以下ネタバレなので下げます。



どういう展開なのか、SFなのかホラーなのか、予備知識なく読んだので
けっこうドキドキしました。
私も大介お父さんみたいな誤解してました。
陽湖さんの視点もそういう感じなのかな?
……ってミスリードでしたよね(?)

探偵役の大塚くん、ちょっとの話から色々推理していくの、
ホームズみたいでカッコよかったです。
「あり得なかった仮説を消し去っていって、最後に残ったものは、
どれだけありそうもなくても真実だ」ってホームズも言ってますが、
だからって、そっちの結論に行くのは……
さすがミステリとSFに強いオタク。
物語の都合上ってのもありますが。

一人ずつだと、知ってること知らない事、気付くこと気付かない事があって、
だから、作者もどう描こうか悩んだんだと思うんですけど。
話自体は地味というか、いちおう動いてるんだけど、話の舞台は基本的には
全くといっていいほど動いていないわけで、
だから、なんというか、長さの割に中身が少ない気がしますね……

最後の陽湖さんの文章、ああいう展開にしないようが良いような。
たしかに彼女は接点ないから、ああなっちゃうのかもしれませんが。
「くますけと一緒に」のお母さんとおばさん、思い出しちゃった。

でも。
これは、怖いといえば、とても怖い話なんですね。

「ひとめあなたに」は、世界が終わる話だった。
「チグリスとユーフラテス」は、世界に独り、とりのこされる話だった。
「もいちどあなたにあいたいな」は、もっと、個人的な事で……
でも、たしかに、その人にとっての世界は、なくなってしまうんだなーと。
とても孤独ってイミでは、「チグリスとユーフラテス」と変わらないかも。

対比としては面白いし、そう思うと、とっても怖いお話なんだけど、でも。
怖い事を、さらっとかわいく描く、ってのは、以前の短編集でもあったんだけど、
これは、もうちょっと、わかりやすいお話だと良かった……かな。

久しぶりに新井素子の本が読めて、よかったんですけど。
やっぱり、文章とか描写の仕方とか、好きだなーと思ったので。
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。