カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「てるてるあした」加納朋子』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「てるてるあした」加納朋子

 
2006/02/18(Sat) Category : 国内ミステリ

収録作品;
春の嵐/壊れた時計/幽霊とガラスのリンゴ/
ゾンビ自転車に乗って/ぺったんゴリラ/花が咲いたら/
実りと終わりの季節

てことで。
やっと読みましたー!
一応、「ささらさや」の後の話なんですが、今度は女の子が
主人公で、久代さんがメインな感じでしょうか。
もう、最近は涙腺弱くなってるなぁ……
だーかーら。
子供とお年寄りの交流とか、そういう「泣けるお約束設定」
を出してくるのは卑怯でしょうが。
とか思いつつも、後半は泣きながら読んでました。
ううう。

てるてるあした てるてるあした

著者:加納 朋子
販売元:幻冬舎
Amazon

■あらすじ、みたいなもの。

 15歳の照代は、お金にだらしない両親が借金を抱えて
 夜逃げする事に なったので、遠い親戚のいるという
 「ささら」市にやってきます。
 そして、そこの「鈴木久代」という人の所へ身を寄せることに。
 そっけなくて冷たい態度の久代さんに情けなくなりながらも
 「働かなきゃね」という久代さんの言葉に従って、仕事を探して
 頑張って生活していくことになります。
 最初の晩、別れ際に母親から貰ったプリペイド式の携帯電話に
 「てるてる あした。 きょうはないても あしたはわらう」
 という知らない差出人からのメールが届きます。
 その後も、何度か謎のメールが届いたり。
 照代は、両親が迎えに来るのか疑いつつも待ちながら、
 この「ささら」で生活していくことになるのですが、
 久代さんの所に女の子の幽霊が度々現れて。
 彼女の事を話すと、久代さんは何か知っている樣子。
 そして幽霊の女の子は、照代に伝えたい事があるようで……
 みたいな感じです。

■だらだらと……感想や解説、みたいなもの。

 「ささら さや」と同じく、「ささら」という町が舞台です。
 お年寄りが多くて、ちょっと寂れた感じの、でも温かい町。
 前作は割とミステリな感じでしたけど(一応謎解きがあったし)
 今回は、連作短編集ですがミステリではない感じです。
 幽霊のこととか、携帯電話のメールとか、謎はありますが
 推理って感じじゃないし。

 最初、照代は自分の不幸や不満ばかり考えてて、ミジメで
 態度も硬かったり周囲を見下したり、考えもトゲトゲしてて
 みんな嫌いで、ツンケンしてたりするんですが。
 (ていうか、あんな酷い両親ならある程度は仕方ない気も?)
 だんだん友達ができたり、 人のいろんな面を見たりして
 色々考えたり、色んな体験をしたりします。
 冷たいとしか思ってなかった久代さんの性格もだんだんと
 判ってきたりとかして。

 久代さんのほかにも、さやさん、夏さん、珠子さん、エリカさん
 など「ささらさや」に登場した面々のその後とかも判ったりして
 楽しいです。
 さやさんは、しっかりした……とは言い難いですけど(笑)
 それなりに頑張ったり仕事を見つけたりしてるようですし、
 エリカさんの子供のダイヤくんも、かなりしっかりしてきてるし
 ユウ坊も、片言ですが喋れる様になったり、歩いてたりと
 成長してるのが見られて、よかったです。
 幽霊は大人には見えないみたいで、ユウ坊と照代にしか
 見えないらしいんですけど。
 ユウ坊も、まだ片言で、何言ってるのか判らないんですけど
 ダイヤ君には判るみたいで、そういうのも楽しいです。
 ダイヤ君には幼稚園で仲のいい女の子もいるようだし。
 幽霊の正体とか、久代さんの事とか、展開は割と予想外で
 物語の雰囲気も柔らかくていい感じですー。

 ホント、この展開は卑怯だろとか思いつつも、最後の方は
 ボロボロ泣きながら読んでましたし。
 たぶん、一応、ハッピーエンドですし(先に続いてく終わり方)。
 ……えーと、母親も可哀相とは思いますけど、あまり感情移入
 できないかも。とは思いましたけど。
 でも、甘えたいのに甘えられない、優しくしたいのにできない、
 素直になれない人達が中心になってて。
 その気持ちは判るし(私も不器用だし)読んでてもどかしい
 感じもしますけど、でも嫌いじゃないかもです。
 「ささら」の人達も、相変わらずいい人ばかりみたいだし、
 読んでて楽しいし。
 久代さんの手紙が最後の方に出てきますけど、手紙って
 いいですよね、と改めて思ったり。
 加納朋子のデビュー作の「ななつのこ」も手紙が中心の
 お話でしたけど、小道具に手紙を使うのが上手ですよね。
 そして、やっぱり、加納朋子の文章は良いです。
 うん。

 因みに、前作の「ささら さや」

ささらさや ささらさや

著者:加納 朋子
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

文庫で出てますのでぜひー。
のびた君みたいに情けなくて、でもお人よしの前向きな
さやさんが主人公のお話です。

因みに、碧也ぴんくが漫画化もしてます(全2巻)。

ささら さや (1)
ささら さや (2)

碧也さんの漫画は良いので、これもお勧めですー。

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。