カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「どすこい。」京極夏彦』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「どすこい。」京極夏彦

 
2005/11/03(Thu) Category : その他の小説

収録内容;
四十七人の力士/新京極夏彦
パラサイト・デブ/南極夏彦
すべてがデブになる/
  N極改め月極夏彦
土俵(リング)・でぶせん/
  京塚昌彦
脂鬼/京極夏場所
理油(意味不明)/京極夏彦
ウロボロスの基礎代謝/両国踏四股

食欲の秋、というわけで(?)この本の紹介。
暑いときに見ると暑苦しい装丁なので
(ハードカバーよりマシですけど)涼しくなってから書きました。
ハードカバーの「どすこい(仮)」、新書版の「どすこい(安)」、
そして最終形態の文庫版です。
→ちなみに、どすこい(安)の公式サイトがあったりします。
……ちなみに、妹がハードカバー版を持ってるんですけど、
彼女が読んだ京極作品はこれだけだったりする(汗)

収録されているしりあがり寿の4コマは毎回違うのですが、
これには全部収録されててお得です。

どすこい。 どすこい。

著者:京極 夏彦
販売元:集英社
Amazon

簡単に内容紹介。
地響きがする――― と思って戴きたい。」からはじまる、
タイトルからお判りのとおり、ミステリやホラー等の有名作品の
パロディ小説です。
しかも、「どすこい」から判るように、すべてお相撲さんネタ。
始まりもネタも延々と続く、しかも最初にループするという
なんとも暑苦しい仕様になっております(笑)
それぞれ、前の作品が次の作品の作中作になっているという
繋がりにもなっていたりしますし。

あらすじは、(安)の公式サイトに載ってますが、この作品は
編集者のC女史がいい味を出してます。
実際にはどんな人なんだろう。気になります。

文庫版では、時事ネタがハードカバーのときと変わってたり、
文章が少し変わってたりするのですが。
京極夏彦って妖怪オタクで仏教オタク(?)なのは、作品見てて
よく判るのですが、それ以外の漫画とかのオタクにも
詳しかったりするんだなーと、面白くなったりしました。
鋼の錬金術師って言葉を京極作品で見るとは思わなかった。
……SPEEDだったのが、文庫ではあややになってるし。

で、あと、これで京極夏彦がデブ専なんじゃないか、みたいな
感想をどこかで見たような気がするんですけど。
作品中での作家のあの虐げられようを見てる限り、むしろ
マゾなんじゃないかと思ったりします……
京極堂の出てくるシリーズで、関君の虐げられ方を見ていて
かわいそうになったりするんですが、作者がそういう趣向の人
なら仕方ないかなぁ、と思ったりして(汗)。

 

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。