カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
ブログ内検索
 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事+コメント
 
 
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
 
QRコード
 
ソーシャルブックマーカー
 

SEO対策
 
ブログ管理メニュー
 
  • 管理ページTOP
  • 新規投稿
  • 管理: コメント / TB
  • 『スポンサーサイト』編集
  • 『「おまけのこ」畠中恵』編集
  • バックアップ(all)
 
著作権など。
 
■ラグナロクオンライン
ラグナロクオンラインバナー
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■ポストペット
ポストペットバナー
PostPetは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
ポストペットに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

「おまけのこ」畠中恵

 
2006/01/31(Tue) Category : 歴史・時代小説

収録作品:
こわい/畳紙/動く影/ありんすこく/おまけのこ

しゃばけ』シリーズの4作目です。
(因みに1作目の「しゃばけ」と2作目の「ぬしさまへ」は
 新潮文庫でも出てるのでお勧めですーv)

相変わらず寝込んでばかりいる若旦那と、周りの甘すぎ過保護な
面々が笑えます。
今回は、妖怪の方が主人公なお話もあって楽しかったですー。
事件というより人情話系、とでもいうのでしょうか。
ほのぼのした読後感のお話が多くて良いです。

おまけのこ おまけのこ

著者:畠中 恵
販売元:新潮社
Amazon

■こわい
 狐者異、という名前の妖怪のお話。
 「狐者異は狐者異として生まれた初めから、その存在そのものが、
 他のものからはじき出されていたのだ」。
 独りぼっちの、かわいそうな存在の妖怪です。

 若だんなが相変わらず寝込んでるところに、お見舞いに来た
 栄吉の不味すぎるお菓子のせいで喧嘩になってしまい、
 落ち込んでますます具合が悪くなる若だんな。
 そこへ狐者異という若者の姿をした妖怪が現れて、職人の腕が
 上がるという天狗の薬を持っているというのですが……

 仁吉が「狐者異とは関わるな」と繰り返し言っていて、ちょっと
 冷たいんじゃないかと思ったりもしたのですが。
 その後に起きた騒動とか、狐者異の性質を考えると、それも
 仕方がない部分もあるのかなーとか思ったりして。
 世の中には思うとおりにならないことが沢山あるものだなー、と
 少し切なくなったりもしました。

■畳紙
 紅おしろい問屋の孫娘、お雛さんの話。
 実家の商売の関係もあって、彼女はいつも、下の顔が判らない
 位にお化粧を分厚く塗ってる人なのですが。
 いつものように寝込んだ若だんなのお見舞いに来たお雛さんは
 間違えて長崎屋から印籠を持って帰ってしまいます。
 ところがその夜、屏風だという妙な男が、印籠を返してもらいに
 彼女の部屋を訪れて……

 屏風のぞきが主に出てきます。
 それを「夢だ」と思い込んだお雛さんが、話を聞いて欲しいと
 屏風のぞきとお話する、という展開で。
 お雛さんの厚化粧の原因とかも語られて、ちょっと最後は
 じーんとするような展開で、良い感じのお話でした。

■動く影
 若だんなの子供の頃のお話。
 栄吉と仲が良くなったきっかけにもなった事件らしいです。
 若だんなが5歳の頃、飛縁魔という妖の噂を乳母から聞きます。
 飛縁魔が出るという通町の人たちが、妖退治で有名な
 広徳寺へ相談にいったという話でしたが、後日、その寺から
 大事な鏡が消えているという話を耳にします。
 ちょうどその時、遊びに来た栄吉から「動く影」の噂話を聞き、
 子供たちで調べることにするのですが……

 若だんなが子供の頃から、体は弱いですけど探偵ばりに
 色々と考えたり活躍してるのが判って楽しいです。
 最初に出てきた飛縁魔の話も、きちんと解決しますし。
 なにはともあれ、ハッピーエンドです。

■ありんすこく
 「私はこの月の終わりに、吉原の禿を足抜けさせて、一緒に
 逃げることにしたよ」
 という、若だんなの爆弾宣言から始まるお話。
 1ヶ月寝込んでなかったご褒美に(ここが悲しいですが・笑)
 吉原に連れて行ってもらった若だんなが禿と知り合って
 一緒に逃げる約束をしたんだというのですが……

 ありんす国ってのは吉原のことなんですねぇ。
 駆け落ちの話かと思いきや、そうでもないようで安心。
 吉原を出るための切手を取るためにみんなで協力しますが、
 それよりも、人間関係って難しいものなんだなぁ……
 てのをしみじみ感じさせる作品です。
 みんな、悪い人じゃないんですけど、ちょっとすれ違うだけで
 大変な事になっちゃったりするんですよね。
 あと、若だんなの両親が本当にらぶらぶなんだなぁ、
 というのも感じられて楽しい作品です。

■おまけのこ
 若だんなの家の鳴家が活躍するお話。
 珍しく体調の良い若だんなが、お仕事のため母屋に出ていて
 それを心配した鳴家の一匹が様子を見に行ったのですが、
 そこで大粒の真珠を見ます。
 お客様の天城屋さんが、真珠を使った櫛を娘の嫁入り道具に
 しようとして職人を連れてきたのですが。
 その職人が中庭で襲われて、真珠の袋を奪われてしまいます。
 犯人は誰なのか、そして、真珠は無事なのか……
 みたいな展開のお話。

 今回は寝付いていない若だんな、大活躍です。
 アリバイのはっきりしていない(笑)来客3人を集めるところなんて
 名探偵って感じで素敵です。
 そして、何よりも今回は鳴家が大活躍。
 真珠の袋を守って頑張りますし、冒険したりします。
 そして若だんな、鳴家がいっぱいいても、「うちの子だ」って
 見分けが付くところはさすがです。

 どの話も読みやすくて、爽やかな読後感なので良かったです。

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
glee×どーもくん
 

NHK海外ドラマ glee(グリー)×どーもくん ブログパーツ

 
プロフィール
 

みづき

Author:みづき
引きこもり寸前のインドア人間。
趣味は読書とお菓子作り。
最近は海外ドラマのgleeと
Chris Colferに夢中。
glee関連の話題はネタバレありかもなのでご注意。
最近RO全然やってない……(汗)

読書は国内ミステリ中心。
好きな作家は有栖川有栖、伊坂幸太郎、京極夏彦、加納朋子、倉知淳、東野圭吾、宮部みゆき、海堂尊、畠中恵、西澤保彦、田中芳樹、新井素子、梨木香歩、(敬称略)
 ……など色々。

海外のはコージーくらいしか読んでません(登場人物の名前を覚えるのが苦手で)
お菓子探偵ハンナ、海の上のカムデン、主婦探偵ジェーン、お料理名人の事件簿、コクと深みの名推理、お茶と探偵、ダイエット・クラブ、ピザマンの事件簿、あとコージーじゃないけど魔法製作所!
 ……などのシリーズを読んでます。

漫画もけっこう読みます。
買ったものは本棚(ブクログ)に登録してます。
レビューや感想を色々書けるように頑張ります。

オススメの本や漫画、映画や海外ドラマ(DVD)があったら、ぜひ教えてください~。

 
みづきの偏った本棚。
 

ブクログ。

 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
LINK
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。